社員研修の実施方法とそれぞれの特徴を見よう

自社内で実施する方法

社員研修を実施する方法として、まず挙げられるのが自社内で実施する方法です。これは研修会場や講師、テキストなど、研修に必要な要素すべてをすべて自社でまかなうという方法です。この方法のメリットは費用が掛からないという点にあります。基本的にすべて自社でまかないますので、研修にかけるコストを大きく抑えることが可能となります。一方、デメリットとしてはすべて自社でまかないますので、本業に専念できないといった点があります。研修期間中は会場を本業に使用することが出来ませんし、講師についても期間中は本業に従事することが来ません。このため本業において支障をきたすという点がデメリットと言えます。

外注して実施する方法

社員研修を実施する方法としてもう一つ挙げられるのが外注して実施する方法です。社員研修に特化した専門の業者に外注して、そこで研修を実施するというものです。このメリットはすべて外注先が負担しますので、企業は本業に支障をきたすことなく実施できるという点にあります。一方、デメリットとしては費用が掛かるという点です。外注する以上はそれなりに費用が掛かるため、経費節減に取り組む企業にとってはこれは大きなデメリットと言えます。

自社内で実施か外注で実施か、結局どっちが良いの?

このように自社内で実施する方法も外注で実施する方法も、どちらも一長一短あります。ただ、外注で実施する方法においては最近は比較的リーズナブルな価格で提供している専門業者も多くあり、そうした専門業者へ外注すればそれほどコストを圧迫するものではありません。こうしたことから、外注によるデメリットは現実的にはそれほど大きいものではないと言えます。このため、社員研修を実施するなら外注で実施する方が有効と言えます。

管理職研修とはマネジメントスキル、コミュニケーションスキルなど管理職が必要とする技術の向上を目的に行われる研修です。